« “中国哲学”の誕生に立ち会う | トップページ | Chinese on sigmarionIII »

2003.10.01

中国のマザーグース

斗酒庵茶房のご主人、斗酒庵主人さんは、日本における中国のマザーグース研究の第一人者(他にいないから、と本人談)なのです。僕の大学の尊敬する先輩の一人です。
斗酒庵主人さんは、ロビン・ギルさんとの共著で『19世紀のアメリカ人が集めた中国のマザーグース』を出版されてますが、このサイトで、最新版を公開してます。
他にも充実したコンテンツがあります。イラストも素敵。

おっと、斗酒庵主人さんは、大修館書店の雑誌『月刊しにか』で、“固ゆで論語”を連載されてます。これもおもしろいですよ。「子曰く」を「俺は言った」に置き換えて、トレンチコートの孔子は今日も行くのでありました。

|

« “中国哲学”の誕生に立ち会う | トップページ | Chinese on sigmarionIII »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/5629681

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のマザーグース:

« “中国哲学”の誕生に立ち会う | トップページ | Chinese on sigmarionIII »