« 思想としての文献学 | トップページ | 『つばめグリル本店』 »

2003.11.28

『食べる指さし会話帳(4)台湾』

片倉佳史・石野真理『食べる指さし会話帳〈4〉台湾』(情報センター出版局、2003年)は、旅の初心者向けに作られてるこのシリーズにあるまじき濃さを放っています。これも著者の片倉さんが濃すぎるためでしょうか。

本来は、言葉がしゃべれなくても食べたいものを注文できる、程度までが売りなんですが、料理のほとんどに写真と解説があり、ついでに台湾食文化の背景まで説明があって、本書自体が日本語で書かれた台湾グルメガイドとして一級の出来となっています。

お店の紹介まではないですが、そこはそれ、台湾についてから書店に飛び込んで、「台北ウォーカー」や各種グルメガイドを購入すればよい訳で、この会話帳と合わせ技でグルメ散策は完璧ではないでしょうか。

|

« 思想としての文献学 | トップページ | 『つばめグリル本店』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/5629726

この記事へのトラックバック一覧です: 『食べる指さし会話帳(4)台湾』:

« 思想としての文献学 | トップページ | 『つばめグリル本店』 »