« 『中国のこっくりさん』 | トップページ | 『しゃぶしゃぶ 温野菜』 »

2003.12.03

都市は農村に先行する?

稲葉浩一郎さんの『地図と磁石』第二部がはじまりました。第一回では「グローバル化と産業化の道の行方」として、ジェーン・ジェイコブズ再評価を行っていますが、これが興味深いです。

「狩猟採集社会においてすでに部族社会間の交易が始まっており、交易拠点となる定住集落としての都市も発展を始めた。そして牧畜も農耕も、取引のために動植物をそこでストックすることから始まる。最初はただ単に保存・飼育しておいただけであろうが、偶然から繁殖・栽培が行なわれるようになり、やがては品種改良を伴う牧畜・農耕へと発展していったのだ。では農村とは何かといえば都市の衛星地域、交易ネットワークの中心としての都市によって周辺化された――地域間分業の一端を担うよう、特定産品の産地としてモノカルチャー化された地域なのである」

これまでも、経済だけでなく、文化についても、中央→周辺/都市→農村といった流れで形成されてきたことは言われていました。だからこそ農村には原初的な文化が保存されているといった議論がなされ、中国学の分野でも都市/漢族の人類学的研究がなされたりする訳ですが(知ってるところだと、中国都市芸能研究会とか)、そういった文化の伝播の下部構造である、都市と農村それ自体の成立さえ、都市が先行するというこの議論は刺激的です。

|

« 『中国のこっくりさん』 | トップページ | 『しゃぶしゃぶ 温野菜』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/5629729

この記事へのトラックバック一覧です: 都市は農村に先行する?:

« 『中国のこっくりさん』 | トップページ | 『しゃぶしゃぶ 温野菜』 »