« 文化遺産は金になる? | トップページ | リブリエで漢籍が読みたーい! »

2004.04.30

はてなグループと学術研究

はてなダイアリーは、日記サイトの中でもキーワード自動作成機能とかついてて、おもしろそうだとは思っていました。ただ使ってる文字コードがUnicodeでないので、中国語未対応だなあと見送り、僕自身はこうしてMovableTypeを使っています。その後、実体参照を使ったりしてはてなダイアリーの文字の壁を乗り越えたりしている事例もネットで目にはしましたが、そこまでしてとは思っていませんでした。
ところが、この度発表されたはてなグループでは、Unicode対応しているとのことです。これは使えるんではないでしょうか?
はてなグループでは通常のキーワード以外に、グループ内だけのキーワードも自動作成できるそうです。このサービスを利用して、学科・研究会・学会単位の、複数研究者のインタラクティブ研究ノートとして使ったりできないでしょうか。Unicode対応だから、中国学の研究者も安心して中国語やアヤシイ漢字をびしばし使えますし、キーワード自動作成を使うことで、半自動的にその分野のオンライン辞書が作成されます。

こうした実践は、研究のため、だけでなく、対外的なアピール、社会への還元のためという意義もあります。研究能力とページの更新頻度が比例するとはかぎらないので、管理側が計画的に利用者へアピールをし、参加研究者も社会還元といった要素を自覚していないと、実際の運用は難しいかもしれません。しかし、すべての研究者が、一般向けの文章を書く仕事をできる訳ではなく、また気軽にWebページを作成できる訳でもないので、こうしたハードルの低いメディアを利用して対外的アピールを試みるというのはやってみる価値あると思います。

|

« 文化遺産は金になる? | トップページ | リブリエで漢籍が読みたーい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/5629776

この記事へのトラックバック一覧です: はてなグループと学術研究:

« 文化遺産は金になる? | トップページ | リブリエで漢籍が読みたーい! »