« シンポジウム『文字情報処理のフロンティア: 過去・現在・未来』 | トップページ | データベース『古今図書集成』 »

2004.05.11

中華料理『毛家麺店』

前から気になっていた、千駄木の有名中華料理店『天外天』の隣で営業している、『毛家麺店』に行ってきました。毛というのは毛沢東のことで、店構えでなく内装も毛沢東グッズがけっこうありました。1968年製の文化大革命記念絵皿とかありました。うはあ。毛主席と林彪同志ががっちり握手してました。

お店自体は、カウンター9席にコックさん&店員さんのコンビとこじんまりとしてて、洒落た内装がなければ、華僑ドリームの第一歩って感じです。
メニューは麺と炒飯に餃子類少しで、主菜はなしというまさにラーメン屋の構成でした。味はおいしかったですが、やや普通に過ぎるかもしれません。

小閣楼という中華料理店の経営者がプロデュースしているようです。こっちの店もちょっと興味あります。駒込なら近所だし、今度行ってみよう。池袋西口の向こうとか歌舞伎町の奥とかにあるお店だと、味はピカイチでもさすがにデートには使いづらいので、雰囲気のある中華屋さんを何軒かは知っておきたいものです。

|

« シンポジウム『文字情報処理のフロンティア: 過去・現在・未来』 | トップページ | データベース『古今図書集成』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/5629787

この記事へのトラックバック一覧です: 中華料理『毛家麺店』:

« シンポジウム『文字情報処理のフロンティア: 過去・現在・未来』 | トップページ | データベース『古今図書集成』 »