« ジョン・ウーで『三国志』? | トップページ | 中国7日目:最後の上海 »

2004.08.24

中国6日目:上海図書館

今日は、朝から夕方までずっと上海図書館で調べものをしていました。日本語サイトまであって、明朗会計、安心して利用できます。とはいえ、コピー代(だけでなく史料保存代なるものもかかる)がえらく高いです。トイレの落書きに「公务员暴发财」「公务员暴发户」とあったのも無理からぬこと。国内の伝統漢学や近代研究者はどうやって捻出するんでしょう。
しかし明朗会計にしているのにもかかわらず、デジカメでばしゃばしゃ撮っていた不届き者がいました。ソニー製品で固めていたので日本の大学の先生なんでしょうが、何といいましょうか、意識低いですよね。
価格が不当だと思えば、利用せずに批判するのが筋でしょう(組織的にやんないと損をするのは自分だけ、ですが)。目には目をという発想は知識人らしからぬ対応で、何だかみっともない。まあ注意しない閲覧室の係ものんびりしたもんですが。
僕はというと、素直にお金を払いました。おかげで財布が軽くなりましたです。親切なことにVISAやMaster対応のキャッシュディスペンサーが設置されていたので、銀行の国際カードがあればその場で現金を引き出せるかと思います。

|

« ジョン・ウーで『三国志』? | トップページ | 中国7日目:最後の上海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/5629857

この記事へのトラックバック一覧です: 中国6日目:上海図書館:

« ジョン・ウーで『三国志』? | トップページ | 中国7日目:最後の上海 »