« ゾルゲと尾崎、淡々と最期 古書店で処刑記録見つかる | トップページ | うどん会席『鳥茶屋』 »

2004.10.20

中華料理『大拇指餃子』

台風が来てるので、帰宅途中、なるたけ地上に出ないでごはん食べて帰ろうと立ち寄ったのが、有楽町電気ビルB1の大拇指餃子です。地下鉄から上に出ないで来れるもので。カウンターがメインでテーブルは二つ。食券機があったけど、使わないでもいいみたいでした。夜だったからかなあ。

値段はリーズナブルでした。焼き、水、揚げとどれでも4つ300円、ちょっとしたおつまみも300~400円で、量は少なめですが、けっこう気がきいてるのが出ます。
肝心の餃子の味ですが、焼き餃子を注文したところ、中にスープがつまってて手間をかけて作ってることを伺わせます。ただやはり皮がいまいちです。もう少し厚くするか、具との一体感を出すために逆に薄くするかするといいのでは。いや値段からしたらじゅうぶんなおいしさなんで、贅沢な希望かもしれません。

|

« ゾルゲと尾崎、淡々と最期 古書店で処刑記録見つかる | トップページ | うどん会席『鳥茶屋』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/5629883

この記事へのトラックバック一覧です: 中華料理『大拇指餃子』:

« ゾルゲと尾崎、淡々と最期 古書店で処刑記録見つかる | トップページ | うどん会席『鳥茶屋』 »