« 老舗の焼き餃子は何故大きい? | トップページ | 永井均『私・今・そして神』 »

2004.11.09

電子書籍が飛躍できない理由

ITmediaモバイル:電子書籍は、なぜ飛躍できないのか~立花隆氏講演を読みました。
問題点は大きく二つ。
(1)端末が高い。4万円ならDVDプレーヤーが買えるし、レンタルDVDの価格を考えたら、わざわざ電子ブックに手を出すだろうか。
(2)コンテンツがチープ。紙ベースなら本棚一列は占めるような巨大コンテンツを揃えたらどうか。専門性が高ければ(法律の判例集など。僕の関係でいえば諸橋大漢和)、5万、10万でも買い手はいる。
うーん、指摘としては正しいですが、飛躍できない理由なのかと言われると、疑問です。だいたい専門性の高いリッチコンテンツを売りにするなら、端末が高くても買うし、DVDと本とでDVDを選ぶような相手になら、チープなコンテンツの方が受けがいいでしょう。個人的には、高くても専門性の高いコンテンツが欲しいところですが、電子ブックの普及という点ではどうでしょう。
ちなみに僕が考えるこうしたら普及するだろう(というかこうなってくれ)と思う理由は、
(1)電子辞書機能を大幅強化して、電子辞書の上位ラインナップにする。最近、ソニーは中国語・韓国語も含む8カ国語辞書とか売り出したりしてくれてますし、プラス何万かでそうした辞書機能だけでなく、電子ブックも、とくれば、買う人増えるんじゃないでしょうか。
(2)個人出版・非商用出版を可能にする。海賊版の流出を問題視して、セキュアな環境をきびしくしすぎでは。いや実は僕自身、そうした著作権保護機能は重要だと考えてます。しかし音楽方面でiPodにしてやられてるように、門戸を狭めすぎではないかと。程度の問題として、そこはあきらめるか、むしろ現在のブログサービスのようにして、個人出版をポータルサイトで一元管理し、問題が発生次第個別につぶしていくようにしてほしいなと思います。コストはかかるんで、現実的ではないかもしれませんが、出版に対する欲望ってけっこうありますよね。でも、紙だからこそ、なのかなあ。
個人的には、紀要類から好きな論文だけダウンロードして持ち歩けたならと思います。コピーしても結局保管に困って、けっこうみなさんスキャンして紙減らししてますよね。

※追記
おおやにきさんところで的確な指摘がありました。本をコレクションできない、というのは、つらいですね。上記僕のアイデアはデータを気に入るかぎりいつまでも保有できるというのが前提です。

|

« 老舗の焼き餃子は何故大きい? | トップページ | 永井均『私・今・そして神』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/5629898

この記事へのトラックバック一覧です: 電子書籍が飛躍できない理由:

« 老舗の焼き餃子は何故大きい? | トップページ | 永井均『私・今・そして神』 »