« ミイラ取り | トップページ | 電子書籍が飛躍できない理由 »

2004.11.08

老舗の焼き餃子は何故大きい?

創業50年は越えてる老舗中華店の『銀座天龍』で夕ご飯食べました。餃子8個で920円と高めですが、実は一個あたりが大きいのでこれに小ライスもあれば、満腹間違いなしです。味は普通においしかったです。いわゆる日本の焼き餃子。
そういえば、東京駅八重洲側の『泰興楼』も、創業1949年の老舗で、売りが大きな焼き餃子。味も大きさもだいたい同じでした。天龍の方が安いのでお得かも。

どうして老舗はこんなでかいのか。考えてみるに、焼き餃子の原型は鍋貼(最近よくみかけるようになった、鉄鍋棒餃子のように具材を皮でまいただけで端はとめてない)で、本場でよく見かけるサイズって、このジャンボ餃子の大きさなんですよね。こうした老舗はまずだいたい引揚者がはじめてるはずなので、あるいは元の影響が大きく残ってるんではないでしょうか。

|

« ミイラ取り | トップページ | 電子書籍が飛躍できない理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/5629897

この記事へのトラックバック一覧です: 老舗の焼き餃子は何故大きい?:

« ミイラ取り | トップページ | 電子書籍が飛躍できない理由 »