« 伝統の重みの価値を見直す | トップページ | 阿修羅城の瞳 »

2005.05.04

中華台湾小皿料理上樓

渋谷にある『上樓』というお店に行ってきました。台湾という名前もついてるし、少しは期待してたのですが、流行のスタイルを狙ってるだけで、肝心の味がダメダメでした。メニューに本場系の料理がいくつか組み込んであったので、頼んでみたところ、担仔麺や宮保鶏丁(鶏肉とピーナッツの唐辛子炒め)が、偽物感ぷんぷんで、味もいまさんぐらい、がっくりしました。売りのデザートも味は及第点でしたが、価格に比して量が少なく割高感を感じるばかり。まあ二度と行くことはないでしょう。渋谷には本物を食べれる店はもちろん、フュージョンっぽく見えて味やメニューは本場系といった店だってありますし。

|

« 伝統の重みの価値を見直す | トップページ | 阿修羅城の瞳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/5629977

この記事へのトラックバック一覧です: 中華台湾小皿料理上樓:

« 伝統の重みの価値を見直す | トップページ | 阿修羅城の瞳 »