« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.27

恋愛を科学する

日本科学未来館で『恋愛物語展 - どうして一人ではいられないの?』って特別展示をしていることに今更気づきました。うわ、行きたい。8月15日までだから、まだ時間はあるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.11

ミリオンダラー・ベイビー

『オペレッタ狸御殿』を見たかったのだけど、相方の希望で『ミリオンダラー・ベイビー』を見に行くことに。映画を見ているヒマはないんだけど、さりとて月末には今見たい映画のほとんどは夏の超大作に置き換えられるので、見るなら今しかないのでした。
個人的な趣味としては、のーてんき大活劇が好きなんですが、ストレートな感動作も嫌いじゃありません。でもまあ重かった。事前に話の展開は全部知っていたのですが、それでもよかったです。やっぱり演技がいいんですかね。しかしパンフレットにはカトリックとアイルランドのことがまったく解説なかったです。それ抜きでも感動できる一般性を持つからいい映画たりえるとはいえ、商売で批評家してるんだったら背景の解説ぐらい義務でしょうに。見たまんま感動するだけでOKなのはただの観客まで。よくも700円もぼったくったな。こういう怒りはどこに抗議すればいいのでしょうか。
つくづく良質な批評がネットにあるというのは幸せなことです。よくのぞく以下のサイトでは、僕の感覚と合わない評価もしばしばあるものの、よく参考にしています。さすがにきちんと踏まえて書かれています。

「ミリオンダラー・ベイビー」がアカデミー賞を取りにくい理由町山智浩アメリカ日記
『ミリオンダラー・ベイビー』★前田有一の超映画批評★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

スーちゃんに会ってきた

上野の恐竜博に行ってきました。愛知のマンモスよりもティラノサウルスなのです。レプリカだったけど。展示スペースは決して広くはなかったのですが、ティラノから鳥への進化が分かりやすく、でも遺伝子の解析みたいな最新の科学的知見をもとに解説されていておもしろかったし、学習効果高かったです。おっきな標本はティラノとタルボの二つだけでしたが、他に細々あって、なるほど、彼らの大きさは進化の袋小路だったのねというのがよく分かります。子供の頃見たのと違って、CGで動いている想像図とか見れたりします。JR上野の不忍口の架線下をのっそのっそスーちゃんが歩いていくところは感動。

p1000094.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.02

アジア多国籍料理『asiえん』

二松の公開講座の帰りに、神保町近辺の夕食処を探索。スポーツ用品店通りの裏手、東京よりにあったasiえんというアジア系多国籍料理のお店に入りました。一般にこうした多国籍料理の店で出てくるのは、てんで本場の味はしないもんですが、このお店は売りが魯肉飯だったので、まあふらふらと。とはいえ、「石焼」魯肉飯とかのたまってたのであまり期待はしませんでした。が、味はけっこう本場系でした。石焼きビビンパのひき肉を「本物」の魯肉に置き換えているんですね。うーん、無駄に贅沢だ。他のつまみもけっこうポイントが押さえてありました。ビールも青島・燕京・台湾をはじめ東南アジアのものも各種取り揃えてあり、楽しめました。

住所:千代田区神田小川町3-11-2 インペリアル御茶ノ水103
電話:03-3294-5211

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.01

稲庭うどん『寛文五年堂』

どうも近頃うどんづいてます。仕事帰りに銀座の『寛文五年堂』でうどんを食べました。うどんはもちろん、つまみもなかなかおいしかったです。ただ、ちょっと高いですね。割烹居酒屋といった風で、うどんだけ食べに来る雰囲気ではなかったです。夜に来るなら思い切ってコースで、うどん食べたいだけなら昼にランチで、といったところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »