« 著作権保護期間延長? | トップページ | なぜ弥生人は悪人顔なのか? »

2005.07.26

最近の中国語OCRソフト

最近の中国語対応のOCRソフトで、けっこう注目してるのが「おまけ」のソフトです。MicrosoftのMS Officeやhpのプリンタ複合機のおまけOCRソフトはさすが多国籍企業の面目躍如といったところでしょうか、多言語対応で中国語もばっちりなんです。とはいえ、機能的にはまだまだといったところで、まず簡体字中国語については、MS Office付属のOCRソフトは認識率がイマイチ、hpの方は認識率ではOfficeを抜いてなんとか実用レベルでした。次に、繁体字中国語については、hpの方はそもそも縦書き未対応という実用性皆無なのに対し、Officeは縦書きしっかり読んでくれます。日本語OCRで無理に読ませて泣きを見るより、断然おすすめです。

hpのOCRソフトはReadirisというソフトをベースにしているようです。日本で購入する場合はeXpansys.jp で15,360円でした。このソフト自体はヘブライ語対応アドオンとかもあって何やらすごいんですが、元のこっちも縦書き対応かどうかは分かりません。
中国語に特化した市販ソフトなら、CROSS OCR(13,440円)がなかなか優秀で、パッケージを購入するなら絶対こっちですね。縦書きはもちろんOKですし、昔はダメだった繁体字中国語も何のその。このソフトでちょっと気になるのが、特に繁体字/簡体字を指定する必要がないところです。認識出力でテキストを指定するとエンコードがUTF-16になるあたり、あるいはGB18030ベースだったりして。うーん、難しい漢字使ってるテキスト読ませてみないと。

|

« 著作権保護期間延長? | トップページ | なぜ弥生人は悪人顔なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/5629993

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の中国語OCRソフト:

« 著作権保護期間延長? | トップページ | なぜ弥生人は悪人顔なのか? »