« スープカレー『古奈屋』 | トップページ | 玄気カレー »

2005.08.31

Gmailの多漢字対応度

Gmailのアカウントを入手できたので、さっそく多漢字対応度を調べてみました。

1.メニュー
日本語、簡/繁中国語はもちろん、アラビア語?もありました。

2.受信メール
受信したメールは、日本語や中国語などどの文字コードを使っていても、Unicode(UTF-8)に変換されて表示されるので、日本語メニューの状況で、中国語メールの件名・本文ともきちんと表示されます。文字コードを全く気にせずダイレクトにいろんな言語のメールが読めるわけです。
メールを表示して、「詳細オプション」→「オリジナルを表示」でソースを見ることができ、元のメールの情報がきちんと保存されていることが分かります。このあたりHotmailの多言語対応より数段上ですね。

3.送信メール
メールを送信する場合も特に文字コードを意識することはありません。書きたい言葉で書くとその言語のメジャーな文字コードで送信されます。日本語なら「JIS」、簡体字中国語なら「GB2312」、繁体字中国語なら「Big5」といった具合です。
受け取ったメールに返信する場合も、元の情報を保存してあるので、文字コードも元のメールと同じに設定されるようです。表示がUTF-8だからといって、送信メールがすべてUTF-8にされる訳ではありませんでした。
リッチテキストのメールを作成できますが、フォントの切替については日本語メニューだと日本語フォントがいくつか選択できるにとどまっていました。とはいえ多漢字の入力自体は問題ありません。

4.多言語混在
Gmailでは、多言語混在メールも自在に扱えます。

ما هي الشفرة الموحدة "يونِكود" ؟ in Arabic
什麽是Unicode(統一碼/標準萬國碼)? in Trad'l Chinese
यूनिकोड क्या है? in Hindi
Hvað er Unicode? in Icelandic
Que es Unicode? in Interlingua
Cos'è Unicode? in Italian
ユニコードとは何か?in Japanese
유니코드에 대해? in Korean

Unicodeコンソーシアムから適当にコピペした以上の字句を本文として送信すると、UTF-8メールとして送信されます。同様のメールを受信することも問題ありません。
日中混在文でメールを受け取ってもきちんと表示されますが、ちょっと問題が残っています。例えば本文中に、
ユニコードの試験
万国码之试验

内丹の歴史を話そう。
我要說內丹之歷史

と簡体字、繁体字中国語が混ざっていても問題有りません。
ただ、送信メールについても同様に日中混在ができるのですが、その際文字コードはUTF-8ではなく、GB2312になってしまいます。繁体字中国語の混在文でも同様です。UTF-8で送信されることもあるので、入力した文字について何らかのフィルタリングがなされているのでしょう。またGB18030で書かれたメールは受信すると文字化けしたので、日中混在メールはGBKで送っているということなのでしょうか?よく分かりません。


5.拡張漢字A&B
秋山さんのCJK 拡張漢字表示テストを本文にコピペしてメールの送受信を行ったところ、まず受信メールではきちんと拡張Bまで表示されました。すごい。次に送信メールについては、UTF-8メールで送信され受信したOutlookExpressでは「・」で拡張漢字が表示されたものの、Wordにペーストするときちんと表示できました。

総じてGmailは若干文字コード周りに不安が残るものの、多漢字メーラーとしてはけっこう優秀であると言えるでしょう。

|

« スープカレー『古奈屋』 | トップページ | 玄気カレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/5733786

この記事へのトラックバック一覧です: Gmailの多漢字対応度:

« スープカレー『古奈屋』 | トップページ | 玄気カレー »