« スズキメソッドと八卦掌 | トップページ | 「薫陶する」ことの大切さ »

2005.12.13

漢字12万字の無料フォント

坂村せんせいによって「約12万字からなる世界最多の漢字フォント集」が作成されたそうです。

制作は東大東洋文化研究所が協力。日中の代表的な辞書などに収録される8万字のほか、宋や明の時代の文献からも3万5000字を収録した。フォント集は明朝体、ゴシック体、楷書(かいしょ)体で構成し、基本ソフト(OS)に関係なく利用できる。

NIKKEI NET(via /J

GT書体じゃない点がすばらしいです。でもなあ、記事によれば「14日からソフト開発会社などに無償公開する」そうで、てことは個人は対象に入ってないんですかねえ。GPLで公開すればいいのに、どうしてわざわざ評価を落とすことをするんでしょうか。何とも残念です。天下の東京大学、けちくさいことは言わず、「フリー」で公開してもらえないでしょうか。

【追記】:12/14

T書体フォントに含まれるのは、東京大学多国語処理研究会によって制定された「GT文字セット」の78,765字に加え、江戸時代および中国の宋・明・清時代の文献から抽出された漢字のうちGT文字セットに含まれない「宋明異体字」が34,499字、白川静著『金文通釈』を材料とした金文研究のための「金文釈文文字」661字、そして、変体仮名や、マンガの表現に見られる濁点仮名(「あ゛」を1文字で表したものなど)など非漢字文字1,814字の計 115,739字。それぞれの字について「T明朝体」「Tゴシック体」「T楷書体」の3書体が用意されるので、公開されるフォントデータは合計約35万文字となる。
PCWEBより。

おお、これはなかなかすごい。「14日より東京国際フォーラムで開催される「TRONSHOW2006」で公開され、来春より同研究室のWebサイトを通じて配布する予定」だそうなので、NIKKEINETの記事は前半までのことで、一般公開は企業相手より遅れて行うということでしょうか。ブラボー。よかったよかった。来春が待ち遠しいです。
しかし心配なのは、Windows版が結局Shift-JISベースのTTF切り替え式だったりしないかといったことです。正直、どうせ切り替えでもUnicode3.2とか4.0ベースにして、1セット目だけでフル多漢字Unicodeフォントとして使えるようにしてほしいのですが。そうしてくれたら、まさに坂村せんせいは神!ですが。。。

|

« スズキメソッドと八卦掌 | トップページ | 「薫陶する」ことの大切さ »

コメント

まだ公開されていないね。
この話もBTRON2みたくなっちゃうのかな?

投稿: BTRON2 | 2007.06.16 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/7594408

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字12万字の無料フォント:

» TRONSHOW2006ピンポイント [Under the Hazymoon]
漢字12万字が気になって、最終日30分前に駆け込みでTRONSHOW2006を見 [続きを読む]

受信: 2005.12.17 01:08

« スズキメソッドと八卦掌 | トップページ | 「薫陶する」ことの大切さ »