« TRONSHOW2006で見たぞ漢字12万字 | トップページ | 後ろへ向かう力 »

2005.12.20

端腰は養腎

年末最後の練習で、終わった後案の定飲み会があったんですが、所用があって参加できませんでした。残念だあ。

ここしばらく腰の充実について、話があったり、走圏の型を直されたりしています。気血を養うには腎を養う必要があり、端腰はまさに腎を養っているのだとのこと。走圏の際に地面をかんで歩く抓地を行うと、筋がつくられるだけでなく、土踏まずのところにある湧泉穴が刺激されて、左右に抓地するごとに気脈が通じている左右の腎臓が充実するんだそうです。瞑想(意念)だけで気脈を通すのはたいへん難しいが、八卦掌では走圏という身体を動かす行為によってこれを成し遂げると。なるほど。気脈の貫通は身体感覚として実感される以上は、身体側からのアプローチもできて然るべきで、邪念の多い現代人には(僕だけ?てことはないでしょう)、こうした身体的実践の方が向いているというのは納得です。

で、邪念ついでに以下は妄想。
腰の充実とともに大切なのが、含胸亀背、胸の弛緩なわけで、腰が腎を養うのであれば、胸はやはり心臓ということになるのでしょうか。ここは老師に要確認ですが、妄想なのでそのまま続けてと。すると、心と腎となればこれはまた内丹の文脈になります。走圏は上半身の気を下へ降ろし上を虚に下を実にすることが目的の一つですが、心は陽、腎は陰、つまり、心の陽中陰を、腎の陰中陽と入れ替えるという内丹の実践の一過程として読み解くことができそうです。陰=肉化した気、陽=清虚な気、という補助線を入れれば悪くない解釈ではないかと。

じゃあその後の丹の完成はどう読み解くべきか気になりますが、そういうことを考えれる段階まで到達するのにはまだまだ時間がかかりそうです。

ちなみに一般的な筋肉に頼った力は「後天」の力、筋による力は「先天」の力というそうです。やっぱり内丹って、この手の思想の基礎体力になってます。

|

« TRONSHOW2006で見たぞ漢字12万字 | トップページ | 後ろへ向かう力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/7775449

この記事へのトラックバック一覧です: 端腰は養腎:

« TRONSHOW2006で見たぞ漢字12万字 | トップページ | 後ろへ向かう力 »