« 神田:みますや | トップページ | 日暮里:トンキング »

2006.05.12

Googleブック検索

Google Book Search(元Google Print)の日本語版が年内にサービス開始するようです。

このプログラムにはISBN(日本図書コード)を持つ書籍を発行している出版社であれば無償で参加できる。書籍のスキャン費用やGoogleブック検索への登録に関しても無償という。今回、パートナープログラムや書籍登録の仕組みが一通り整備されたことで、今後グーグルは出版社に対して参加を働きかけていく。
(略)
また、欧米で提供しているGoogle Book Searchでは出版社からだけでなく、いくつかの大学付属図書館からも著作権の切れた書籍を中心として提供を受けているが、日本では現在のところそうした計画はないという。
ITmediaニュースより。)

大学図書館が協力して、著作権切れの図書が提供されるとすんごくうれしいんですが、そこまではまだいってないようです。東大か京大か早稲田か慶応がどどーんと協力してくれたりするとうれしいんですが。あるいは国会図書館の近代デジタルライブラリー全面協力とか。無償でやってくれるんですから、積極的に参加して産学協同じゃーいとかのたまってほしいなあ。

あと個人的には、マンガのスキャンをやって、台詞など文字部分をテキスト化してくれたりすると、もう最高なんですが。

|

« 神田:みますや | トップページ | 日暮里:トンキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/10029376

この記事へのトラックバック一覧です: Googleブック検索:

» 日本語版「グーグルブック検索」を開始:Googleの本の検索サイト [The Paradigm Shift:パラダイムシフト]
日本語版「グーグルブック検索」を開始:Googleの本の検索サイト グーグルが、書籍の全文検索サービス「Google Book Search」のサービスを 日本語版でも「Googleブック検索」として開始することを発表しました。 ・Google ブック検索とは?! 書籍の文面を検索して、ユーザーの興味にあった書籍を見つけ出し、それを購入できる場所や借りることができる図書館などを検索でいるインターネットのサービスのことです。 ・書籍を Google で宣伝できます (無料) ... [続きを読む]

受信: 2006.05.15 21:32

« 神田:みますや | トップページ | 日暮里:トンキング »