« Googleブック検索 | トップページ | 猫燈籠 »

2006.05.13

日暮里:トンキング

JR日暮里駅に宣伝看板を見つけて、気になっていたトンキング。石焼き豚三段バラ専門店という初めて聞く売り文句にぐっと来てはいたものの、 韓国料理が食べたいときはいつも柳に行ってたので、二の足を踏んでいました。。。と、柳のことブログに書いてないですね。あまりに普通に来ているので意識してませんでした。
それはさておき、石焼き豚三段バラって?と思ったら、これでした。
鉄板焼きの板が、石焼きビビンバの鍋の石でできてるんですね。おもしろいのがごらんの通り、板が傾くことです。傾きで下になる方にキムチやもやしがおいてあって、傾けて豚バラの余分な脂が流れていってキムチともやしにしみこむんですね。この焼きキムチがおいしいんですよ!もうびっくり。そんで脂たっぷりの豚バラのかりっとなったやつをちょっきんちょっきんはさみで切ってもらって、この焼きキムチや大根スライスの酢の物といっしょに食べるんです。もお馬鹿ウマです。
ううん、柳とどっちに来るか悩んでしまうなあ。


|

« Googleブック検索 | トップページ | 猫燈籠 »

コメント

この「板を傾けて脂を流す」スタイルは韓国では定番です。
逆にお肉の方は余分な脂が抜けて程良い味になると言う、食の知恵ですね。
うぅ、涎が・・・(^^ゞ

投稿: 旅風 | 2006.05.16 16:30

どもども。
おお、韓国では定番なんですね。いやあおいしかったですよ。これは久々に東京オフ開催でしょうか(^_^)

ところで、こないだ日テレの深夜で韓国料理の有名なおばちゃんが出ていて、私が石焼きビビンバを発明したのよとか言ってたのを見て、真偽はともかく、この手の石を使った調理器具の歴史は案外浅いのかと思ったんですが、どうなんでしょう。

投稿: ぱーどれ | 2006.05.17 07:48

そのアジュンマ、僕もテレビで見たことあるなぁ。同じ番組かな?
まぁ、元祖とか本家とかにこだわるのは日本と同じ、っつうか日本以上かな。
調理器具の歴史、というとどのくらいのタームでの歴史なのかによりますが(笑)、要は「熱い状態で美味しいものを、できるだけ熱いままで食す」という目的のための手段ですよね。

うむ、涎が・・・^^;

投稿: 旅風 | 2006.05.17 09:31

遅い書き込みです。
番組、僕も見たんですが、凄いこと言うなあ……と絶句しました。
石焼きピビンパゥ゛は正式には全州ピビンパゥ゛で、確か韓国では無形文化財かなんかに指定されていて、あのおばさんのお店・清香園の発明ではないはずです。

投稿: いわと | 2006.06.11 19:24

お、師兄も見られたんですか。
あの番組に出てくる料理人の店には行かないようにしようと思いたくなるような、嫌な感じの番組&料理人です。スペシャルかと思ったらまだやってるようです。

で、石焼きの方をググってみたら、元祖のお店はここっぽいですね。。。
http://www.ee-jeonju.com/jp/
しかも僕の職場の近所に出店してきてるみたいです。
http://e-food.jp/roppongi_blog/archives/2005/06/post_40.html
ちょっとランチで行くには遠すぎますが、これは近いうちに行かねばなりますまい。
しかし、46年というとやはりそんな古い料理じゃないですね。ある方に言わせると、100年ぐらいの歴史がなければ料理とは呼べない、そうですから。

投稿: ぱーどれ | 2006.06.12 01:52

韓国の場合、儒教思想がベースにあったこと、そして日本支配が長かったことで料理方法の熟成が遅れたみたいですね。プルコギの食べ方が確率されたのは、確か70年代に入ってからじゃなかったかと思います。
それまではカルビクィという日本にある焼き肉のスタイルがメインだったみたいですよ。在日の人たちがかえって、古いスタイルの料理法を保存している場合があると思うんですよね。

投稿: いわと | 2006.06.12 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2086/10068110

この記事へのトラックバック一覧です: 日暮里:トンキング:

« Googleブック検索 | トップページ | 猫燈籠 »