2006.06.16

銀座:ぴょんぴょん舎

時々行くバーの隣にいつのまにか盛岡冷麺の店が出来ていました。

その名も「ぴょんぴょん舎」!何か変な名前ですが、どうも盛岡では有名らしいです。わざわざ狙ってこの店に来ている人たちもいて、金曜の夜、しっかり並んでしまいました。並ぶの嫌いなんですが、たまに血迷ってやっちゃうんですよね。
さて、それでさっそく冷麺を注文しました。どーん。

まず麺とスープが違います。麺は普通焼き肉屋で出るようなのと比べて太くてコシがあるけどもっちりもしているすぐれもの、スープもうまみたっぷりのコクのあるものに仕上がってました。具材は普通なんですが、麺とスープが違うだけで、ラーメンみたいにこれ一食でいきます、みたいな感じになっていました。なかなかうまい。なるほど、これが盛岡冷麺なんですね。
7月以降はメニューも増えるようですし、並んでる人が減ってきたら再訪してみようと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.13

日暮里:トンキング

JR日暮里駅に宣伝看板を見つけて、気になっていたトンキング。石焼き豚三段バラ専門店という初めて聞く売り文句にぐっと来てはいたものの、 韓国料理が食べたいときはいつも柳に行ってたので、二の足を踏んでいました。。。と、柳のことブログに書いてないですね。あまりに普通に来ているので意識してませんでした。
それはさておき、石焼き豚三段バラって?と思ったら、これでした。
鉄板焼きの板が、石焼きビビンバの鍋の石でできてるんですね。おもしろいのがごらんの通り、板が傾くことです。傾きで下になる方にキムチやもやしがおいてあって、傾けて豚バラの余分な脂が流れていってキムチともやしにしみこむんですね。この焼きキムチがおいしいんですよ!もうびっくり。そんで脂たっぷりの豚バラのかりっとなったやつをちょっきんちょっきんはさみで切ってもらって、この焼きキムチや大根スライスの酢の物といっしょに食べるんです。もお馬鹿ウマです。
ううん、柳とどっちに来るか悩んでしまうなあ。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.05.11

神田:みますや

神田:みますや

創業明治の老舗居酒屋、神田のみますやにようやっと行きました。有名店なので前から狙っていたのですが、なんやかんやで機会がなく、今日ようやく。授業が終わって打ち合わせをして、で、店に着いたのは18時15分。余裕だろうと思っていたら、予約含めてすでに満席でした。19時までなら大丈夫な席ありますよ、と言われ、まあそれでもと思ってたら、ちょうど席が空いて無事ゆっくり飲めました。つーか、18時過ぎで席が空くのか~。

老舗居酒屋だけど、しっかり現代の動向も押さえてありました。地酒・焼酎が充実してるんです。これがうれしかった。鶯谷の江戸創業の鍵屋も雰囲気いいし好きだし、台湾人の友だちを連れて行ったりしたこともあるくらいなんですが、酒がいまいちなんですよね。

お店の造りもすばらしかったですけど、何よりつまみがブラベストでした。どじょうやさくらにくが食べれます。馬刺しなんか思わず赤身(1,300円、だったっけ?)と霜降り(2,000円)両方頼んでしまいました。高いけど、ボリュームあったし、すげーうまかった。次回はさくら鍋かな。。。どじょうとかも食べれます。冷や奴が半丁どかんとでてきたり、牛の煮込みが牛皿(なつかし牛丼系のしっかりした具)だったりと、もう満足でした。
また行くぞ~。おー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.06

渋谷:Belgo

銀座で見つけたベルギービールのお店の系列が渋谷にもあったので行ってきました。しかも時々行ってたマッサージ店のあるビルの地下でした。注意力ないなあ。
渋谷ベルギービール
それはともかくこのBelgoというお店、雰囲気よし、つまみよし、酒うましの三拍子。店員さんたちがホントに気持ちよい接客で、うまさ10倍です。銀座のお店もそうですが、プリペイド方式で、生ビール以外は自分で直接ビールを冷蔵庫から取り出してお金を支払うかたちになっています。いろんなビールがずらずらっと並んでるのを見れて、これはこれでなかなか楽しいです。価格はブラッセルズと同じくらいでしょうか。まあつまり安くはないわけですが、地酒や焼酎を飲むことを考えると、価格帯はそんなに違わないんで、結局ついつい飲んじゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.05

銀座:自然式食堂餉餉

テレビで紹介されてたのは知っていたんですが、複数の知り合いから行ってみたという話を聞いたので、行ってみました自然式食堂餉餉ぐるなび検索トップとかいう張り紙がありました。流行ってるのは本当みたい。母体が永谷園だからか、経営はしっかりしてるんでしょうか、店舗によって料金が違います。場所代など考えれば価格に反映されてるのはかえって安心できるかもしれません。

けけ

惣菜食べ放題といった感じで、自然食っぽいイメージはあまりありませんでした。肉あるし、味付けも濃いめで油もしっかり使ってます。いいのかしらん? より多くの人に受け入れてもらうために、普通の総菜を意識したんだろうとは思いますが。ま、おいしかったけど。

自然食、ということでいえば麻布十番のキヨズキッチンの方がいかにもベジタリアンな料理ですね。実際野菜の味をしっかり味わえるのはキヨズキッチンの方に思えます。。。と、その時は思っていたんですが、あとで調べると、どうもそこに野菜を卸しているところはメモリーウォーターとか売ってるところだと知って、ちょっと引きました。まあ確かに料理はおいしかったけど、そんな特殊な水のせいじゃないだろー。うーん、あなたの身近に水商売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.01

六本木で富士宮やきそば

六本木ランチシリーズということで、路地を歩いていて発見した「富士宮やきそば」ランチに心惹かれて、つい行ってきました居酒屋ろく。ランチは、納豆とかとろろとかおくらとかがのったねばり丼、シャモの親子丼、富士宮やきそばの三種類でどれも650円とずいぶんリーズナブル。
職場の同僚と行ったので、各自丼を注文してやきそばはみんなでシェアしました。僕が食べたのは親子丼です。ほどよく半熟に仕上がり、鶏肉もおいしかったのですが、もう少し肉を大きく切ってほしかったです。富士宮やきそばについては、B-1グランプリ覇者らしく、単に普通のおいしいやきそばでした。麺にコシはありましたが、あくまで焼きそば。それ以上でも以下でもないいさぎよさ。飲んだ後に食べたいですねえ。
つまみと酒をチェックしたのですが、つまみはリーズナブル、酒は地酒・焼酎ともにやや高めながらちゃんとしたものをおいてありました。店内もまさに居酒屋といった風で落ち着きますし、これは一度夜に行かねばならぬという結論に達した次第です。

一つ気になっているのが、デザートにソフトクリームがあること。しかもラインナップにニンジンとかぼちゃがありました。店の規模からして、おそらくはアイスクリームの間違いだと思うのですが、それにしてもかぼちゃはともかくニンジンですか。アイスクリームジャンキーとしては、次に行ったときは要チェックです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.04.29

綾瀬:中華たまき

綾瀬:中華たまき

マッサージの帰りに見つけた路地裏のお店中華たまき。線路沿いの道ばたに、タンメン・餃子て看板があったので、お!と入ってみたら、これがなかなかでした。焼餃子380円!ラーメンも380円!チャーハンが450円!写真はタンメン餃子セットで680円なり。この価格で焼餃子は皮から手作りというのがびっくりです。味は定番中華の可もなく不可もないおいしさってやつで、いやホント安心して食べれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.28

六本木:洋食バンビ

職場でお昼を食べるときに、最近デリバリーをする機会が増えて、これを機に封印していた外食も再開したので、ぼちぼちメモしておこうかなと。いや、実際、ランチ800円1000円は当たり前ってのが六本木なので、しょっちゅう外では食べれないわけでして。

さて、というわけで、同僚と言ってみたのが洋食のお店「バンビ」です。いかにも洋食ってなレトロでモダンな店構えにハンバーグとクリームコロッケのランチで700円前後!うう、ハンバーグ食べたいよーということで、突入です。味はもう言うこと無し。ザ・洋食でした。少し値段高めの有名店老舗洋食のような上品さはない、下町で何十年もやってますよみたいな洋食屋の味。ハンバーグは牛肉牛肉してなくて、僕の好みでした。ボリューム満点であります。気になるメニューも何点かあるので、また来なくては。

かなり昔からやってそうだなと思っていたら、同僚の一人は10年くらい前に一度来たことがあるそうで。また別の一人の話では茗荷谷にも同じ名前の洋食屋があるとの由。ググってみると確かにそうですね。どうも都内に何店もあるらしい。こうした割に古い店だと、チェーンではなくのれん分けをやってるんじゃないかと思います。中華料理屋やそば屋で同じ名前の店をしばしばみかけるんですが、メニューは何となく同じっぽいけど店のフォーマットは違ったりして、あれれと思ってると店内にのれん分けと称して都内の他の店の一覧が書いてあったりと。洋食屋でもやってたんですね。都内バンビめぐりとかやってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.11

六本木:韓国名物料理HANN

ソウルで大人気の参鶏湯とスンドゥプチゲを出すお店の姉妹店というのが売りの韓国料理屋にお昼を食べに同僚と行きました。ランチのメインは1,000~1,200円といったところでしたが、新装開店セールの30%オフのチケットを同僚が持っていたので、少し迷ったけど一人前1,800円の参鶏湯(ハーフは1,200円)を注文。ボリュームはなかなか。1,000円を超えるものの、キムチ・ドリンクバーがついてきて、おかずもサービスがあり、値段に見合うだけは食べれること間違いないです。味は飛び抜けてということはなかったですが、普通においしかったので不満はありません。夜も一度ぐらいいいかなと思いました。価格はこの界隈の韓国料理屋と同じくらいの高さだったので、許容範囲内です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.09

ぬるい博多ラーメン

福のれんの品川店で博多ラーメンを食べました。肌寒かったのでラーメンがいいかなと思ってたところ、かたやしょうゆ、しお、とんこつを全部出す店と、博多とんこつオンリーという二択。おなかも空いてたし、まあ専門でやってる方が無難かなと博多ラーメンを選んだら、これがまあ大外しでした。とにかくスープがぬるいのなんのって。びっくりですよ。のってるメンマもつめたい。玉子のとっぴんぐもつめたい。ひょっとしてわざとぬるくしてんのか、と思わせるほどのものでした。味は並でしたが、あつあつで出さないラーメンて僕には理解できかねます。チェーンのようですが、他の店も推して知るべしでしょうね。僕は二度と行きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧