2006.02.06

月9『西遊記』は活劇成分不足

VAIOの予約録画プログラムがエラーを起こして今回は見損ねてしまったのですが、月9『西遊記』、思ったよりもよい感じです。原作をないがしろにしている、といった類の批判は、こうした古典作品に対してはとりわけ意味のないものでしょう。『西遊記』自体、『大唐西域記』原作と言えなくもないわけですし、マジメに仏法を求めて印度に行った玄奘さんのことを思えば、『西遊記』自体がすでに冒瀆ですよ。。。と野暮なことを言ってもはじまらないわけで。八犬士が現代の高校生だって、孫權がむちぷりのねーちゃんだって、まあそこは問題ではないのです。くだらないっちゃそうですが、そもそもが娯楽だったものに、高尚さを認めているのは後代の読み手の解釈ですし、ベタな二次創作をやってる方が、むしろ創作のかたちとしては正統なはずです。

研究者はつい高尚な方に向かいたがるので、こうした二次創作をくさしたりすることが多く、それはアカデミックな態度ではあるけれど、物語をつむぐ本来的な態度ではないのだ、と僕は思います。いや本来的でなくってもそれがアカデミズムの仕事なのだ、と分かってやるのはいいんですけどね。後ろから撃ったりせずもっと盛り上げればいいのに、と思うんですよね。すそ野が広がらないと山は崩れてしまうというのに。もっと褒めようよ月9『西遊記』!

個人的には、ベタな啖呵をきる悟空はかっこよく撮られていて、最初はぞぞ気がしたのですが、二度三度見ているうちに慣れてきて、慣れてくるとまあまあぐっとくるものがあります。一行のベタかつコミカルなやりとりも爆笑とまではいかないですが、なかなか楽しい。正面切って正論を言う、これはお話の世界では大切だと思うんですけどね。
しかし、正直なところ、月9『西遊記』には大きな難点があって、それは何かといえば、活劇成分の不足、なんですね。SMAPの一員で踊れるのに、なんだかもっさりとしか動かない悟空。沙悟浄がいちばんましなのが悲しいかぎりです。アクションが主体でないのは、先週だかで、さあ最後の決戦だ!というところであっさり老子に悪役が連れてかれたりして、みんなずっこけるみたいなオチがあることからも明らかなんですが、そうしたオチをつけるにしたって、話の構成はきっちり毎回、トラブルに遭遇→悪人に陥れられる→一念発起→悪人の退治→めでたしめでたしといった基本形を踏襲してるわけで、悪人との闘争が物語を支える背骨であるように作ってしまってるわけです。じゃあその闘争を支えるものはといえば、それはアクションに他ならない訳で、本当は強い者がギャグをやりドジを踏むといった風でないと、最後のかっこいい啖呵がまるで生きてこないでしょう。で、残念なことに「本当は強い」というところをほとんど画で見せてくれてないんです。アクションシーンのまあしょぼいことしょぼいこと。身体的な強さをもって精神の強さを表現するのはお話のお約束だと思うんですけどね。。。役者の問題というよりも、演出の問題に思えます。せっかく香取悟空かっこいいのになあ。スケボーっぽい筋斗雲で飛ぶ様もいけてるになあ。たいして強くない悟空という設定でいくなら、物語の展開を少し変えるかしないとかみわないんじゃないかと。ベタを生かそうと思えば足回りはしっかりつくりこまなきゃ、と思います。

もっとも、そんなにベタやりたいんなら、月9なんだし恋愛ものでやってくれ~と思ったりします。これで最後2回ぐらいでいきなり現代にタイムスリップして、三蔵と悟空の恋愛ドラマが展開されて終わったりしたら、個人的にはすっごく評価します。いっそそこまではっちゃけてくださーい。

が、活劇成分の補充をしたいなと思いつつも、このクールでいちばんはまってるのは、『時効警察』のアソクミねーさんの少女マンガちっくな演技だったりする次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.23

じゅすへるの子孫にはなれんでしょ

何故ベストを尽くさないのか〜! 違った。『奇談』を見たのです。名作妖怪ハンターシリーズの「生命の木」(諸星大二郎『妖怪ハンター地の巻』 (amazon, bk1)所収)が原作です。原作者インタビューや隠れキリシタンの概説など充実したパンフレットといい、原作リスペクトを感じられるものでしたが、やはり原作に付け足した要素がうまく整合性をもって繋がっていないのが僕も気になりました。

一番残念だったのは、最後、主人公が大学の屋上で独白するシーンで、書き割りの風景以上に安っぽく安易な戦争批判、文明批判をやらかしてしまったことでした。じゅすへるの子孫には今更なれんでしょうに。歴史や神話は現在を忘れるためのファンタジーではないし、そうしてはいけないのです。確かに文系へたれ院生のせりふとしてのリアリティはありますが。えー。いやいや、でも位置づけとしてはこれが同時に作品のメッセージであるかのように受け取れるし、パンフレットを読む限り監督もそう原作を読んでいたっぽいです。しかし、諸星大二郎の原作はそんなメッセージ性なんてのに回収できるほど浅いものではないです。そう読み解くこともできるという可能性はじゅうぶんにはらんでいるし、そう解釈できるでしょうが、それは原作同様に観客に委ねて欲しかったです。解釈の出来ない異界/物語との邂逅が原作の最大の魅力であり、人は不可解故に魅了されるのです。第一、諸星作品では異界/物語はむしろ普通の人間を疎外、いや取り殺しさえする怖ろしい存在として描かれることの方が多い。おそらく監督もそれは感覚として分かっているので、主人公に稗田はあそこで見たものが全てだと言ったと語らせ、更に1シーン、稗田礼二郎が町中で重太とすれ違うところで本当に映画が終わります。

しかし個人的には更にその奥の1シーンがあって欲しかった。
というのも原作にない要素として主人公をはじめとする一連の神隠し現象があるのですが、原作「生命の木」で語られている物語の範囲内では、いくらその対象が知恵の未発達な子供であってさえもそもそもがあだんの子である人間の子供が連れて行かれる可能性は論理的にあり得ないことになります。
でも、「生命の木」を妖怪ハンターの世界全体に位置づければ、整合的に解釈できるように思えます。というのも妖怪ハンターには花咲爺シリーズのような生命の木をめぐる他の物語があり、そこでは生命の木をめぐる邪悪な存在が描かれています。そう、この物語はじゅすへるの一族の物語を偽装して、生命の木を利用して「エサ」集めをしていた何者かが背後にいて、離れの住人では食料に十分でなく定期的に神隠しを行って食糧不足を改善していたのです。しかしそれも巣が水没するために、他に移動するべく今回の奇跡を仕組んだ、これはそんな悪意の物語であったという解釈をすることで、神隠し現象が不自然ではなくなるのではないでしょうか。
したがって映画の最後に登場するべきは重太ではなく、ぱらいそに行ったはずの白木みのる演ずるよはねでなくてはなりません。再びいんへるのをともなって彼(ら)は日本の違うところに現れる、といったようなシーンでしょう。これがあれば映画独自の付け足しである神隠しの要素が次なる物語につながる可能性として位置づけられるのにと思った次第です。
ということで、是非次は花咲爺の話を映画化してください。正直、京極堂シリーズなんかどうでもいいので。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.09.29

忍者愛皆無の2005年度ワースト1

SHINOBI』を見てきました。台北で見かけたポスターは日本と同じ絵柄でありながらも、恋愛的要素よりも「山田風太郎原作の忍者活劇」とか「特殊効果でアクション満載」みたいな宣伝文句(うろ覚え)が踊っており、ひょっとして、とすがるように見に行ったものの、『RED SHADOW 赤影』に次ぐ酷さで、文句なしに今年度ワースト1決定でした。
原作やそれのすばらしいビジュアル化の漫画版とは、比べるまでもないのでここでは触れません。というか触れる気すらおこりません。いいんですよ、原作無視したって。それが時代ものとして楽しめるなら。アクションものとして楽しめるなら。恋愛ものとして楽しめるなら。どれ一つとってもダメダメでした。もう映画の酷さだけでおなかいっぱいだったのですよ。

まず時代ものとしてダメダメ。山奥の隠れ里をつぶすのに大砲引きずっていくありえなさもさるころながら、砲撃されるまでまったく気づかない忍者の無能さぶり。あのー、権力側の忍者の頭領ではコントロールできないほどのその異能ぶりを恐れられて、権力者につぶされるという設定でしたよね? たかが5人ばかしいなくなったとたんに簡単につぶされるような連中のどこが脅威なんでしょう? そして最初からだまして皆殺しにするつもりだったのに小娘一人の両目ごときでなぜ助命など? 嘆願にやってきたところでそっこーだまし討ちでしょどう考えても。それに停戦の命令があっという間に駿府から伊賀の奥地まで届いたのはどうやったんでしょうね? こうした基本的な説明が何一つできていないくせに、大砲で隠れ里を攻めるのは大量虐殺兵器の比喩です、とかパンフレットでのたまっていた監督は実に頭が悪いと思います。第一、冒頭で一般兵卒をなぎ倒していた忍者たちの方がよっぽど大量虐殺兵器だと思うんですが。

次にアクションものとしてダメダメ。主人公が大活躍してこそのアクションなのにもかかわらず、いちばん燃えた(というか、まともな)アクションはいちばん最初の夜叉丸×筑摩小四郎だという時点で、明かな失敗作と言えるでしょう。もとより朧はその能力からしてアクションはだめ、となると甲賀弦之介ががんばらにゃあかんのですよ。そうだよ仮面ライダークウガ、君だよ。エキセントリックなチンピラ演技してる場合じゃないって。なのに、彼が一番活躍したのは最大の敵薬師寺天膳との戦いではなく、その後の雑魚の忍者をまとめてぶったぎったところ数分だけ、でした。えー。ありえません。活劇として全体に山がなく、個々の戦いにおいてすらもりあがりにかけるありさま。情けなや。脚本家はテレビの時代劇、ちゃんと見たことないんでしょうな。ちゃんと見るというのは理解するということですよ?

では売りの恋愛ものとしてはどうかというと、これまたダメダメ。主人公同士にはキスシーンすらなし。お色気担当の黒谷おねーさまにも濡れ場なし。えー。これまたありえません。愛を語るのは科白でのみ。それならラジオドラマでええよ。画で見せてくれなきゃダメでしょうに。これもまったく盛り上がりませんでした。ロミオとジュリエットのように引き裂かれるためには両者がぐっと愛し合ってくれてないといかんというのに、それがほとんど感じれなかったのが残念です。この監督、『関於愛(アバウトラブ)』の東京編を担当してるそうで。一気に見る気が失せました。

さて、こうもダメダメな原因はいくつもあるでしょうが、その病根の一つには間違いなく作り手の忍者愛の欠如がありますね。例えば、その術を知られたら死も同然みたいな基本セオリーを理解してないから、平気で朧の術を権力者側が知っていたりするような演出ができるんですよね。異能の力の描写にしたって、ハリウッドや香港武侠片の借り物程度の想像力。脚本やら演出やらの人たちはいったい白土三平や横山光輝を読んだことがあるんでしょうか。想像力がないのは許そう。しかしその分は偉大な先人をリスペクト(≒引用)することでいくらでもカバーできるではないの。ネットでこざかしいバックグラウンドストーリーを公開して悦に入ってるようじゃダメですねえ。

【追記】:09/30
現代の企業スパイに置き換えた設定」でリメイクだそうな。そんな話が来る時点でダメダメだよ。でもよほどましな映画になりそうな気もするのが悲しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005.09.16

舞城王太郎『阿修羅ガール』

舞城王太郎『阿修羅ガール』 (amazon, bk1)を今更読みました。といっても、通勤がてらに30分で斜め読み。きちんと読んでませんが、いやあ文章がうまいです。言葉遣いとかリズムとか。才能かなあ。内容は村上春樹2chバージョン?という感じでした。
頭の悪い女子高生の独白だから許される程度の錬度の低い思想性に引っかかって「語るなボケ」と思ってしまい読むことを楽しみきれなかったのが残念です。もちろん、そんな書き方はそれはそれで人物造型のリアリティに貢献してるわけで、あるいは作者の計算かもしれないですが、でもわざわざ時間を割いて劇中人物の程度の低い話を聞くつもりもないですねえ。京極夏彦を読んだときもそうで、変に語ることで借り物の思想の浅さが透けて見えてうざかったんだけど、自分が中高生だったら、そんな思想性のあたりも含めてエンターテイメントとして興奮できたのかもしれません。それなりに歳くったなあ、僕。もう何年かしたら一回りして突き抜けて楽しめるようになるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.11

戸田山和久『科学哲学の冒険』

戸田山和久さんの『科学哲学の冒険』 (amazon, bk1)を読みました。リカちゃんみたいな女の子と付き合いたーい。え、それが感想?いやいやけっこうベタなドラマ仕立ての対話形式がツボにはまっちゃいました。
本書は科学哲学なる学問の解説を通じ、科学とは何かという問題を問ったものです。そこで問われている主要な議論の一つが「科学もまた社会的構成物に過ぎず、真理に到達するなんて幻想だ」とのたまう相対主義を如何に克服するかというもので、これはけっこう歴史学の方でも参考になるのでは、とか思った次第です。といっても僕の念頭にあるのは中国学ですが。中国学、なかでも古典研究の方では、むしろプリミティブに古典を拝読してる人たちがいまだ多いようにも見受けられ、それはそれで問題だと思いつつも、かといって相対主義で研究していくことの違和感もぬぐえない僕にとって、この本の議論はいろいろ考えるきっかけになりそうです。
特に科学理論を意味論的に捉えるというのは歴史学にも応用が効きそうです。科学理論とは実在システムの単純化したレプリカとしてのモデルであり、実在と理論は同一でなく類似関係にあると考えるのが、意味論的な科学理論だそうです(下図はp231より引用)。
todayama2005

この考え方は実証主義的な歴史観と相対主義的な歴史観をうまく折衷できるのではないかと思うのです。モデルとしての歴史という考え方。実際にそうした発想自体は、すでにあるような気もしますが、明晰簡潔に定義できて、深刻に悩みすぎることなく研究できそうなのがいいですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.08.28

『奥さまは魔女』

奥さまは魔女』を見てきました。公開初日の土曜日ということもあってか、席は満席に近く一番前で観る羽目になったのがつらいところでしたが、映画は楽しく観れました。客の年齢層がやや高めだったところを見ると、テレビ版のファンの人がけっこういたんでしょう。僕自身は当然リアルタイムで見てなんかいません。
映画は全体のテンポがよすぎるあまり、主役二人の感情のやりとりをてきぱきとこなしていて、駆け足気味でしたが、『ハービー』よりウソが上手く、またヒロインも魅力的でした。ニコール・キッドマンはやっぱりとびっきりの美人です。ギャグを演る黒木瞳に惚れ直すみたいなもんでしょうか。美人は得だよな、と実感。

ところで、この映画もまた字幕が暗黒の女王でした。中途半端なリスニング力のせいで、耳からはいる科白と字幕とがコンフリクトすることがまあ何度か。まったく何言ってるか聞こえないか、ぱーぺきに聞き取れるなら、問題はなくなるんでしょうが、これはそこそこつらい。まあ『ロードオブザリング』と違って、『奥さまは魔女』自体にそんなに思い入れはないし、ま、現代恋愛映画なんで、さしたるこだわりもこっちにはないわけですが。どうも女王様を使わないわけにはいかないようなので、いっそ香港映画式に日本語字幕の上に英語字幕を併記してくれんかなと思います。字幕なんぞ映画の価値には一片の関わりもないので(翻訳されたものを読まないと、村上春樹の真価が分からないなどと言う人はいないでしょう)、いっそその方がいいのでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.08

『宇宙戦争』は滅びの美学

ヒルズで見てきました。SW3とどっちか悩んで、とりあえずこっちから。月曜夜だからか夏休み突入だからか、相変わらずすいてました。金曜夜とか1日とかでないと混んでないように思えます。1,800円、やっぱり高いよね。50歳以上カップルとか、高校生3人以上とか限定しないで、1,000円で統一した方がもっと見る人が増えると思うんですが。

それはさておき、スピルバーグの『宇宙戦争』ですが、えらく怖い映画でした。いっしょに見た相方はこれまでになく怖がってました。子供が劇場で見たらトラウマになるんじゃないかしらん。でも殺人光線はこれまで見た光線の描写の中でも最高のかっこよさだったし、木の葉のように舞い散る衣服は幻想的な美しさがありました。怖いのに、でも美しい。トラウマ倍増ですね。

すごいなと思うのは、悪趣味なくらい映像、音楽、演出、すべての匠の技を総動員して理不尽な暴力を見せておきながら、ディズニーでも行けそうな大衆娯楽映画の基準も満たしてるとこです。明示的な死体、流血を見せてないし、主人公は美男美女(幼女だけど)ですしね。トム・クルーズが港湾労働者の情けないオヤジにしちゃかっこよすぎるという批判もあるようですが、大人目線では「親バカ」偏差がかかるからトムのかっこよさだけを不自然に思うだけで、それを言ったら、ダコタ・ファニングみたいなかわいい娘もそうはいないでしょう。美男美女が手を取り合って苦難に立ち向かうから思い入れもできるわけで、子供が見たらトムみたいな「かっこいい」お父さんがああまでして守ってくれるのにはしびれちゃうんじゃないかと。地下室のトムのあの決断のシーンは凄みがありました。あそこが一番のクライマックスでした。トライポッドやっつけちゃうのはおまけでしかないです。自動車オタクの軟派な優男がよくがんばった。あれ、労働者然としてたりオヤジ然としてたりした俳優だったら、感情移入できないくらい不快になったかもしれません。僕がもしその状況におかれたら、と想定できる範囲の居心地の悪さに止まったのはトムのルックスのおかげだと思います。

あとパンフレットには、本来階級差があったのに、トムのルックスに上流階級の元奥さんがヤられていったんは結ばれたみたいなことが書いてありました。なるほど。最後、トムは父性回復は成し遂げたものの、結局はまた独りになる感じでした。上流階級は平然と上から見下ろすなあ。せめて元奥さんの金持ちの親の住まいも破壊されたり、灰かぶりになってれば、そしてむしろそうなってる方がリアルだろうに、そうなってないあたり、むしろファンタジーとしてトムを阻害しちゃってるわけですよね。しかしそうした描写は、大虐殺、大破壊が起こったところで、ほんの一部の例外をのぞけば、虐げられし弱き者はそれまでと同様生きていくしかない、しかしそうと諦観しつつも、終末の到来に一縷の望みをかける、その繰り返しをおこなってきた歴史の真実を示しています。それに、むくわれない主人公もまた大衆娯楽の王道パターンの一つといえるので、やはり最後まで娯楽作品として計算され尽くしてると思ったのでした。がんばれトム、と応援しちゃいましたよ。

おもしろくてためになった『宇宙戦争』評:
eigadojo.com
伊藤計劃:第弐位相
大蟻食の生活と意見
m@stervision

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.11

ミリオンダラー・ベイビー

『オペレッタ狸御殿』を見たかったのだけど、相方の希望で『ミリオンダラー・ベイビー』を見に行くことに。映画を見ているヒマはないんだけど、さりとて月末には今見たい映画のほとんどは夏の超大作に置き換えられるので、見るなら今しかないのでした。
個人的な趣味としては、のーてんき大活劇が好きなんですが、ストレートな感動作も嫌いじゃありません。でもまあ重かった。事前に話の展開は全部知っていたのですが、それでもよかったです。やっぱり演技がいいんですかね。しかしパンフレットにはカトリックとアイルランドのことがまったく解説なかったです。それ抜きでも感動できる一般性を持つからいい映画たりえるとはいえ、商売で批評家してるんだったら背景の解説ぐらい義務でしょうに。見たまんま感動するだけでOKなのはただの観客まで。よくも700円もぼったくったな。こういう怒りはどこに抗議すればいいのでしょうか。
つくづく良質な批評がネットにあるというのは幸せなことです。よくのぞく以下のサイトでは、僕の感覚と合わない評価もしばしばあるものの、よく参考にしています。さすがにきちんと踏まえて書かれています。

「ミリオンダラー・ベイビー」がアカデミー賞を取りにくい理由町山智浩アメリカ日記
『ミリオンダラー・ベイビー』★前田有一の超映画批評★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.05

スーちゃんに会ってきた

上野の恐竜博に行ってきました。愛知のマンモスよりもティラノサウルスなのです。レプリカだったけど。展示スペースは決して広くはなかったのですが、ティラノから鳥への進化が分かりやすく、でも遺伝子の解析みたいな最新の科学的知見をもとに解説されていておもしろかったし、学習効果高かったです。おっきな標本はティラノとタルボの二つだけでしたが、他に細々あって、なるほど、彼らの大きさは進化の袋小路だったのねというのがよく分かります。子供の頃見たのと違って、CGで動いている想像図とか見れたりします。JR上野の不忍口の架線下をのっそのっそスーちゃんが歩いていくところは感動。

p1000094.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.05

阿修羅城の瞳

市川染五郎×宮沢りえの『阿修羅城の瞳』を見ました。こういうけれんたっぷりの和物ファンタジーが好きだし、宮沢りえが艶っぽいし(もう少し肉付きがよければなあ)、で、まあまあ楽しめました。。。まあまあ。やっぱり脚本がダメですね。原作の舞台は、何でも上演3時間を越えるとか。それを刈り込んだから、説明不足が否めない、訳ですが、それはまあいいでしょう。僕は舞台を見てませんが、ファンタジー好きなんでガジェットやシチュエーションがちりばめられていれば、脳内補完ばしばしできたと思います。
最大の問題は、一番最初の鬼の描写が、全然「悪」でなかったことです。人間社会のひっそり溶け込んで共存している鬼をわざわざ狩り殺しているようにしか見えない。いや、あの、鬼が市井の人々にとって残虐非道の悪であってこそ、主人公たち鬼御門の悲劇性が際だつはずです。人を助けるために自ら鬼への道を走らざるを得ず、主人公は逃げ出してかろうじて人であることを保ち、他方残った者たちは結局鬼になってしまう、という話の筋ですし。なのに、さして恐そうに見えないほとんど人の姿をした鬼を、ただ楽しそうに殺しているだけでは、見ていて主人公に入り込めません。時間が限られているのなら、脇役を削ってでも(鬼御門の頭領と鶴屋南北は正直いなくてもよかった)、鬼の悪逆ぶりを「絵」で見せるべきでした。その方が、主人公の恋もいっそう燃え上がって見えたと思うんですが。
宮沢りえの殺陣がちっとも強そうに見えないのも問題でした。最初から刀の通じないことにして「緋の糸」をもって勝負の要とすればよかったのに。すごくきれいでラスボスとしてすばらしい造形だったんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧